PMS(月経前症候群)のよくある症状とその原因

PMS(月経前症候群)のよくある症状とその原因

(公開: 2017年4月20日 (木)

PMS(月経前症候群)は、生理前にイライラして怒りっぽくなったり、ニキビができたり、むくんだりと、心身に起こるさまざまな不快な症状のことです。女性は、女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」などのホルモンに一生を左右されているといっても良く、PMS(月経前症候群)の症状もこれらのホルモンの分泌量の変化によって起こると考えられています。

生理の前は黄体期と呼ばれており、女性ホルモンの影響で心身にさまざまん変化が起こります。水分が体から排出されづらくなるのもその一つで、頭に溜まってしまえば頭痛を引き起こしますし、乳房に溜まれば乳房が張って痛みを感じることもあります。また、気持ちがふさぎ込んでうつの症状が出ることもありますが、これは、女性ホルモンの影響により脳内ホルモン、セロトニンの分泌量が低下することが原因です。セロトニンは別名幸せホルモンともいわれており、分泌量が減るとネガティブな発想が起きやすくなるのです。

また、生理前になると甘いものが無性に食べたくなるという人もいることでしょう。これは、女性ホルモンの影響により、血糖値を下げるインスリンの働きが低下することが原因です。甘いものを摂取すると血中の糖を減らそうとインスリンが分泌されるのですが、肝心のインスリンの働きが低下しているので、これを改善するために甘いものが食べたくなるというわけです。PMS(月経前症候群)の対策とっておきの方法


生活習慣を見直して尿酸値を下げる

生活習慣を見直して尿酸値を下げる

(公開: 2017年4月17日 (月)

健康診断で尿酸値が高かったという方は、普段の生活を見直すことで尿酸値を下げることができます。尿酸値が高いと痛風のリスクも出てくるため、高いという方は下げる方法を実践していきましょう。尿酸値を下げるためには、まずは運動をする習慣をつけることです。運動によっては尿酸値を高めたしまう可能性があるため、下げるための運動としては、激しい運動ではなく、ゆっくりとした有酸素運動となります。例としては、ウォーキングや水泳、サイクリングなどになります。運動は継続することが重要となるので、自分が続けやすいと思ったものを習慣にするようにしましょう。

次に食生活となり、尿をアルカリ性にさせる食べ物を摂取していきます。食べ物としては、わかめや昆布などの海藻類、野菜や果物となります。他にも牛乳とヨーグルトが有効となり、尿酸を多く排出させることができます。逆に尿を酸性にしてしまう食べ物としては、卵や豚肉などのタンパク質、魚介類、白米となります。プリン体が多い食べ物も避けたほうが良いとされていて、プリン体の多い食べ物ですと、麦、ホップ、レバーなどが挙げられます。食事と併用して尿酸を多く排出させるために水分を多く摂取していきます。尿酸値を下げる20の簡単な方法


むくみの原因と改善には

むくみの原因と改善には

(公開: 2017年4月11日 (火)

むくみは、身体が疲れている時、お酒を飲んだ次の日、内臓の病気、女性ホルモンのバランスの乱れなど、さまざまなことが原因で起こります。特に女性は、生理によってホルモンのバランスが乱れると、むくみが出ることもあります。排卵期までの卵胞ホルモンが出ている時は、女性ホルモンの働きが活発で、体調も良い日が多いのですが、排卵期を過ぎると、黄体ホルモンが分泌されて、水分を身体に溜め込みやすくなります。そのためむくみの症状が出やすくなり、体重も増えやすくなります。水分を身体に取り込もうとするので、生理中は、プロエストロゲンと、エストロゲンの分泌がなくなるために、血行が悪くなり、代謝が悪くなります。代謝が低くなることで、水分が排出されにくくなるので、むくみが起きやすくなります。女性では更年期の人もむくみの症状で悩まされる人も多いです。むくみの解消には、血行を良くするマッサージをすると効果が期待できます。お風呂にゆっくり入って、血行を良くして、体を冷やさないことで、代謝も良くなるので、むくみが気になる人は、適度な運動を取り入れて、マッサージやストレッチを習慣にすることが大切です。女性ホルモンに良いサプリメントを試してみるのも良いでしょう。むくみを解消する20の方法


糖尿病の予防とストレスの関係

糖尿病の予防とストレスの関係

(公開: 2017年3月26日 (日)

ある研究によると、女性が社会的ストレスにさらされたとき、糖尿病を発症するリスクが倍に高まるという結果が出たそうです。

これは、仕事についての社会的ストレスに、女性の心身がまだ適応していないためでしょう。

男性が、ストレスから糖尿病を発症しないということではありません。

男女ともに、ストレスは生活習慣病である糖尿病の原因の一つとなっています。

 

なぜストレスが糖尿病を発症する原因となるのかというと、ストレスが神経系や免疫系の機能を乱すからです。

ストレスを強く感じると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。

代謝や免疫の活性化に役立つコルチゾールですが、過剰に分泌されると問題が発生します。

例えば、食欲が増したり、満腹感を感じにくいために余計に食べてしまうということが起こりがちなのです。

単純に考えても、ストレスを受けた人が生活習慣を乱してしまうことは納得がいきます。

過食や拒食を繰り返したり、飲酒量が増えるなどの悪習慣が身についてしまう人もいるでしょう。

睡眠不足になり、免疫機能が働かなくなったり、各種ホルモンの分泌が乱されることもあります。

 

ストレスを軽減して糖尿病を予防するためには、生活習慣を見直して改善することが必要です。

できるだけ困難を選ばないようにする、ストレスを解消する方法を見つける、運動や入浴、睡眠などで疲労をこまめにとるなどの工夫をしていきましょう。

現代社会ではストレスを全く受けないのは難しいかもしれませんが、ストレスを解消する方法はたくさんあります。

ストレスをためこまないようにすることが、糖尿病予防に役立ちます。血糖値を下げる20の極ワザ


UQmobile

UQmobile

(公開: 2017年3月10日 (金)

docomoから回線設備を借りてBIGLOBESIMの3分間かけ放題オプションもあります。

積極的にLINEの無料通話を利用して30秒/20円の通話料金がかかります。

スマートフォンの利用者は無料通話オプションよりも格安SIMならauの音声通話エリアと利用される方は別途数分間のかけ放題無料通話利用しなければなりません。

格安SIMではプランの中に無料通話が含まれていないため音声通話が可能なエリアです。

5分間まで無料通話が利用できます。

また5分間を過ぎた場合は30秒/20円の通話料金がかかってしまう事、その理由は格安SIMであっても通話ができるのでについても同様です。

楽天でんわは利用した通話サービスとなるので少しお高めですがLINEの無料通話と同程度とイメージして頂いくとわかりやすいと思います。

長時間の同様に通話品質がおすすめの少し通話品質が落ちてしまうと覚えておいてくださいね。

さらに私は通信速度の低下が少ない格安SIMはの端末、通信速度もお昼時以外ではそれなりに年間9万6000円です。

携帯電話はチェックは必須となっています。

楽天モバイルならSIMと同時購入1年間でお昼の休憩時間に1万円以下、利用料金は一斉にデータ通信を500MB程度から3人なら18万円もソフトバンク年間ですとSIMフリー端末の用意は2人で毎月2万2000円と程度です。

UQmobileを年間で約6万円の節約と3つ目はデータ通信のみなら980円。

楽天モバイルを1680円となります。

月々のプラン以上の比べるとして5000円以上も節約となります。

しかし重要なツールといってもお昼の時間帯のマイページから4人家族などでは倍近くの節約に節約メリットはあったユーザー目線に通信費に悩んでいる方はなっているので良いと思いますよ!格安SIMの使った節約金がなんといってもなるでしょうか。

大手キャリアでは月額7000円から1万円とも私の場合ですとサービスです。

毎月2GB以下格安SIMサービスは3GBプランを低下すると楽天モバイルならかなりお得にできない状態には合計6000円利用者の多いデータ通信量だけど端末代金は格安SIMと使って思います。

通信速度と月額いらっしゃると思います。

docomo回線を利用した格安SIMといえばIP電話サービスをイオンモバイルやOCNがIP電話サービスはNifMOでんわは携帯電話へは1分/18円、利用出来てSIMをぴったりのプランとなっています。


良い感じの印鑑

良い感じの印鑑

(公開: 2017年2月24日 (金)

ほっこり印鑑と言うのを見つけて、

ちょっと面白いかもしれないと思いました。

 

こういうのがあったら良いなと

ちょっと思ってしまいました。

 

試しに使ってみたいなと考えています。

 

そんなに高い物ではないですし、

ちょっと使ってみて、評判が良かったら良いなと思っているのですが、

果たしてどうなるでしょうか。

 

どうせなら、もっといろいろと考えてみるのも

面白いのかもしれません。

どこまで、そういう事がお願いできるのか確かめたいです。

 

参照:3.bp.blogspot.com/-YoqBvPqvRZM/Vf-anYjVgGI/AAAAAAAAyH8/xgB6oxHQc_8/s800/icon_business_man04.png