2017年4月

PMS(月経前症候群)のよくある症状とその原因

PMS(月経前症候群)のよくある症状とその原因

(公開: 2017年4月20日 (木))

PMS(月経前症候群)は、生理前にイライラして怒りっぽくなったり、ニキビができたり、むくんだりと、心身に起こるさまざまな不快な症状のことです。女性は、女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」などのホルモンに一生を左右されているといっても良く、PMS(月経前症候群)の症状もこれらのホルモンの分泌量の変化によって起こると考えられています。

生理の前は黄体期と呼ばれており、女性ホルモンの影響で心身にさまざまん変化が起こります。水分が体から排出されづらくなるのもその一つで、頭に溜まってしまえば頭痛を引き起こしますし、乳房に溜まれば乳房が張って痛みを感じることもあります。また、気持ちがふさぎ込んでうつの症状が出ることもありますが、これは、女性ホルモンの影響により脳内ホルモン、セロトニンの分泌量が低下することが原因です。セロトニンは別名幸せホルモンともいわれており、分泌量が減るとネガティブな発想が起きやすくなるのです。

また、生理前になると甘いものが無性に食べたくなるという人もいることでしょう。これは、女性ホルモンの影響により、血糖値を下げるインスリンの働きが低下することが原因です。甘いものを摂取すると血中の糖を減らそうとインスリンが分泌されるのですが、肝心のインスリンの働きが低下しているので、これを改善するために甘いものが食べたくなるというわけです。PMS(月経前症候群)の対策とっておきの方法


生活習慣を見直して尿酸値を下げる

生活習慣を見直して尿酸値を下げる

(公開: 2017年4月17日 (月))

健康診断で尿酸値が高かったという方は、普段の生活を見直すことで尿酸値を下げることができます。尿酸値が高いと痛風のリスクも出てくるため、高いという方は下げる方法を実践していきましょう。尿酸値を下げるためには、まずは運動をする習慣をつけることです。運動によっては尿酸値を高めたしまう可能性があるため、下げるための運動としては、激しい運動ではなく、ゆっくりとした有酸素運動となります。例としては、ウォーキングや水泳、サイクリングなどになります。運動は継続することが重要となるので、自分が続けやすいと思ったものを習慣にするようにしましょう。

次に食生活となり、尿をアルカリ性にさせる食べ物を摂取していきます。食べ物としては、わかめや昆布などの海藻類、野菜や果物となります。他にも牛乳とヨーグルトが有効となり、尿酸を多く排出させることができます。逆に尿を酸性にしてしまう食べ物としては、卵や豚肉などのタンパク質、魚介類、白米となります。プリン体が多い食べ物も避けたほうが良いとされていて、プリン体の多い食べ物ですと、麦、ホップ、レバーなどが挙げられます。食事と併用して尿酸を多く排出させるために水分を多く摂取していきます。尿酸値を下げる20の簡単な方法


むくみの原因と改善には

むくみの原因と改善には

(公開: 2017年4月11日 (火))

むくみは、身体が疲れている時、お酒を飲んだ次の日、内臓の病気、女性ホルモンのバランスの乱れなど、さまざまなことが原因で起こります。特に女性は、生理によってホルモンのバランスが乱れると、むくみが出ることもあります。排卵期までの卵胞ホルモンが出ている時は、女性ホルモンの働きが活発で、体調も良い日が多いのですが、排卵期を過ぎると、黄体ホルモンが分泌されて、水分を身体に溜め込みやすくなります。そのためむくみの症状が出やすくなり、体重も増えやすくなります。水分を身体に取り込もうとするので、生理中は、プロエストロゲンと、エストロゲンの分泌がなくなるために、血行が悪くなり、代謝が悪くなります。代謝が低くなることで、水分が排出されにくくなるので、むくみが起きやすくなります。女性では更年期の人もむくみの症状で悩まされる人も多いです。むくみの解消には、血行を良くするマッサージをすると効果が期待できます。お風呂にゆっくり入って、血行を良くして、体を冷やさないことで、代謝も良くなるので、むくみが気になる人は、適度な運動を取り入れて、マッサージやストレッチを習慣にすることが大切です。女性ホルモンに良いサプリメントを試してみるのも良いでしょう。むくみを解消する20の方法