妊婦

妊娠中に風邪をひいたら

妊娠中に風邪をひいたら

(公開: 2017年2月 7日 (火)

 

妊娠中は母親の体の免疫力が低下しますので、どうしても風邪などをひきやすくなります。

 

免疫力が低下するのは胎児を免疫細胞の攻撃から守るための機能ですからこればかりは仕方が有りません。

 

 

 

しかし、あまりにも免疫力が低下するとそもそも母親の健康に良く有りませんし、結果胎児を無事に出産するのにも影響しますので、普段より栄養状態には気を付ける事と病気にかからないように清潔を保つ事に配慮する必要が有ります。

 

 

 

それでも妊娠中に風邪をひいてしまった時は直さない事には母体と胎児には良く有りません。

 

今では胎児がいても安全な風邪薬が有りますので、病院で診察してもらう事に抵抗を感じる必要は無いでしょう。

 

 

 

また自力で直したい場合は一般的に行われている方法で対応すれば良いでしょう。

 

例えば、基本的に体を冷やさないように寒い時期はカイロを使って体を温めたり、生姜やネギなどを使った料理をよく食べても体が温まります。妊娠 便秘解消

 

 

 

しかし辛いもののような刺激物を取りすぎるのはのどにも良く有りませんので注意が必要です。

 

また栄養価の高いちみつなどをよく食べたり、のど飴をなめたり、外出事以外でもマスクをしてのどを乾燥させないなどの方法でも改善する事が出来ます。

 

 

 

いずれにしても症状が悪化してしまった場合は早めに回復しないと母体と胎児に負担が大きくなりますので、薬の処方の有無は別としても病院で診察を受けるのが安心です。

妊婦が元気になる食べ物

 

妊婦というのは、女性だけの人生で一番ストレスがかかる時期でもあります。物理的な、身体の面でも不調をきたし、精神面でも大きなストレスが一番溜まりやすい時期です。

 

そのようなストレスが溜まった状態で、色々なサプリメントや食べ物を食べる、子供にも良くないし、ましてや自分の身体を壊してしまいます。ですので、適切な食べ物を食べることが、妊婦には必要です。

 

 

 

元気になるためには、好きな食べ物を腹五分目だけ食べるという方法があります。健康を維持したいという気持ちはわかりますが、嫌な食べ物を食べてますます元気じゃなくなるという状態は避けたいので、好きな食べ物を食べるということが肝心です。

 

 

 

人間はよく自分を管理しようとします。スケジュール帳に予定が埋まってないと心配する人もいるくらいです。しかし、このような思考だと、人は奴隷思考に陥ります。何かに頼って生きるということは、自分一人では生きていけないということを無意識レベルで脳が認知し、それがうつ病、ストレスの元へと発展していきます。ですので、食べ物で自分を管理していかないことがポイントです。

 

 

食べ過ぎも良くないので、腹五分目だけにしましょう。程よくお腹いっぱいになったら食事をやめましょう。妊娠 便秘 吐き気

 

 

 

また、妊娠中は便秘になりやすいので便秘予防になる食べ物も常日頃食べるようにしましょう。