離乳食

離乳食を始める目安は?

離乳食を始める目安は?

(公開: 2017年2月13日 (月)

赤ちゃんは、生まれてからしばらくは、内臓器官の機能が未発達の状態です。そのため、食べ物を消化吸収することが出来ないので、母乳やミルクで育てていきます。乳児 湿疹

 

母乳は、赤ちゃんの成長によって、含まれる栄養素が少しずつ変わっていきます。つまり、ずっと同じ栄養を与えているわけではないので、ある程度の時期までは、十分な栄養を与えることが出来ます。

 

でも、成長していけば機能も発達しますし、動くようになるので、いろんな栄養素が必要となります。

 

もちろん、母乳に含まれる栄養も必要ですが、母乳以外からの栄養も必要となってくるのです。それを補うために、離乳食を始めるのですね。

 

また、離乳食は、栄養を補うだけではなく、あらゆる器官や筋肉、脳の発達のためにも必要なことです。

 

食べることは生きていくために必要不可欠な行動ですし、咀嚼をすることで、あごや顔の筋肉の発達を促進します。もちろん、味覚や消化機能の成長にも関わりますし、噛むという行為は、脳を刺激するので脳の発達も促進します。

 

ですから、ただ寝て起きて泣いて寝る、を繰り返していた時期を過ぎ、色々なことに興味を持ち始めたら、離乳食を始めましょう。

 

一般的には、月齢5ヶ月から6ヶ月ごろが目安と言われています。

 

でも、もちろん赤ちゃんによって発達は違うので、赤ちゃんの様子もしっかり確認してください。

 

食べ物に興味を示したり、よだれを出したり、食べようとしたり、物を口に入れる、というような動作が見られたら、離乳食を始めましょう。