尿酸値

生活習慣を見直して尿酸値を下げる

生活習慣を見直して尿酸値を下げる

(公開: 2017年4月17日 (月)

健康診断で尿酸値が高かったという方は、普段の生活を見直すことで尿酸値を下げることができます。尿酸値が高いと痛風のリスクも出てくるため、高いという方は下げる方法を実践していきましょう。尿酸値を下げるためには、まずは運動をする習慣をつけることです。運動によっては尿酸値を高めたしまう可能性があるため、下げるための運動としては、激しい運動ではなく、ゆっくりとした有酸素運動となります。例としては、ウォーキングや水泳、サイクリングなどになります。運動は継続することが重要となるので、自分が続けやすいと思ったものを習慣にするようにしましょう。

次に食生活となり、尿をアルカリ性にさせる食べ物を摂取していきます。食べ物としては、わかめや昆布などの海藻類、野菜や果物となります。他にも牛乳とヨーグルトが有効となり、尿酸を多く排出させることができます。逆に尿を酸性にしてしまう食べ物としては、卵や豚肉などのタンパク質、魚介類、白米となります。プリン体が多い食べ物も避けたほうが良いとされていて、プリン体の多い食べ物ですと、麦、ホップ、レバーなどが挙げられます。食事と併用して尿酸を多く排出させるために水分を多く摂取していきます。尿酸値を下げる20の簡単な方法